読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heyheytower

日々のメモです。誰かのお役に立てれば幸いです。

映画「ソルト」で使われたガジェットについて

今回は「アレって簡単に作れるなぁ」という考証ネタを。

映画「ソルト」で使われた「赤外線検知式爆弾」の考証です。

※実際に作製してませんし、このサイトの情報だけでは作製は
 できません。また、私自身作製する気もありませんので、
 あくまで好奇心からの考証です。

映画「ソルト」

先日サスペンス特集で放送されていた「ソルト」。

※ちなみにCIAの包囲網から脱出する際に、会議室にあった薬品(洗剤?)
 で即席で作っていたロケットランチャー的なものは、原理がよく分かり
 ませんでした。*1

「赤外線検知式爆弾」

映画では明らかに「キーレスエントリー」的なもので、
手のひらサイズかつ壁に粘着する爆弾、へ信号を送っていました。

大きく3つの部分から作られていると考えられる。

  1. 赤外線検知
  2. 電気雷管
  3. 火薬

今回たまたま自分が作製したものが「赤外線検知」部品で、
また、あれほど小さく全体を作れるのかと訝しみ調査を
始めた訳です。

赤外線検知

実際に作製した回路は以下です。小さいですね。
赤外線を検知しLED点灯するだけの、簡単なテスト用回路です。

回路図は下記を参照した。

※本当はこれを作るのが目的

電気雷管

下記サイトものを利用すると小さく作製できると考えられる。
(電気起爆装置)
http://www.youtube.com/watch?v=z-FHPixeeAo&feature=related

wikiの「起爆装置」でも原理がわかり、リンクを辿って行くと少々怖くなります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/起爆装置
http://ja.wikipedia.org/wiki/雷管

火薬

危険物取扱者資格参考書や勉強サイトから一覧がわかりますし、
抽出・合成・精製法は化学の教科書でしょう。
ネットで調べるのは、いろいろな意味で危険な気がします。
手のひらサイズで、教会の床を抜ける程の威力が出るものは
わかりません。

まとめ

自身の安全性を別にすれば、安価かつコンパクトに作れる
ものだなと今回の考証からわかりました。

  1. 赤外線検知(¥150)
  2. 電気雷管 (¥700〜2000)
  3. 火薬   (¥?)

みなさん、作ってはいけませんよ:)

以上。