読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heyheytower

日々のメモです。誰かのお役に立てれば幸いです。

SF

創元SF短編賞アンソロジー『原色の想像力』を読んで

『原色の想像力』を読んだ感想です。亘星恵風 著「ママはユビキタス」が一番好きでした。

「ペイチェック」を読んで

「ペイチェック―ディック作品集」を読みまして、自分は表題作「ペイチェック」「自動工場」「時間飛行士のささやかな贈物」が好きでした。

『日本SF短編 volume V』を読んで

書名:『日本SF短編 volume V』 編者:日本SF作家クラブ 感想 SFとしては飛浩隆「自生の夢」(NOVA1でも読んでいましたが)、純文学としては瀬名秀明「きみに読む物語」が素晴らしかったです。 以下ネタバレがありますので、ご注意ください。 飛浩隆「自生の…

『極光星群』を読んで

書名 :『極光星群』 責任編集:大森望・日下三蔵 感想 今回のアンソロジーで好きな作品は下記2作品で、それぞれ簡単に感想を書きます。 ※ネタバレを含みます。 内在天文学(円城塔) 「無限に広がる平面は、遥か遠くから眺めてみても点にはならず平面のまま…

『書き下ろし日本SFコレクション NOVA9』を読んで

書名 :『書き下ろし日本SFコレクション NOVA9』 責任編集:大森望 感想 今回のアンソロジーで好きな作品は下記2作品で、それぞれ簡単に感想を書きます。 ※ネタバレを含みます。 サロゲート・マザー(小林泰三) まず始めの4ページが気持ち良い。これは、単…

『カオスの紡ぐ夢の中で』を読んで

カオスの紡ぐ夢の中で 金子 邦彦 (著) 選んだ経緯 円城塔さんが好きで作家の読書道 第101回:円城塔さん - 作家の読書道を読み、学生時代の指導教官が東京大学教授の金子邦彦さんということを知り、この本を手に取りました。 感想 この本のあちこちに、円城…

2011年SFアンソロジー「拡張幻想」を読んで

このアンソロジーの白眉は何と言っても下記です。<すべての夢|果てる地で> 理山貞二(りやま・ていじ)著これだけのためにこのアンソロジーを購入しても良いと、強くお薦めします。 下記、ネタバレは特に無いですが未読の方は「オーウェル効果」については…